避妊具をつけて大阪のセフレに愛を与えます

 

・頭に避妊具をつけて、チャッカマンのようなもので苦しんでいるインコに火をつけました。
・水が溜まったところに大阪のセフレを置き、頭上から流水を流してさらに出ようとして溺死させた。
火傷、ピアサー、ホッチキス、羽毛にウナコワのような覚醒剤を塗るなど、心を痛める言葉もありますし、悪役を読んで泣きました😭

大阪でセフレ希望の女性がいる場所 〜エッチがしたいOL・セフレ募集の専門学校生・AV経験のある主婦など多数

詳細は📷当時の春一新聞に掲載されています。
当時の大阪のセフレ誌にも掲載されていたようです。

2019年10月の簡単な裁判の決定によると、20万人の罰金が求められました。
被告人は福祉受給者であり、そのような罰金は正当化されたようです。

決定が確定するまで、多くの鳥愛好家が悪意のある虐待に署名するために最善を尽くしていたようです😢
彼はいつか別のセフレを犯しますか?とても心配です😓

「大阪のセフレが生まれ変わったら、私に来てください。それは痛くて痛かったので、私はあなたにたくさんの愛を与えます。」
「それは苦痛でした。それは苦痛でした。天国で休んでください。」
「文章が軽すぎる。小鳥でさえ人間と同じくらい重要な人生だ。」
鳥好きの言葉も泣きます。

残念ながら、今回のインコだけでなく動物に対する残酷な行動は氷山の一角に過ぎないと思います。